「地蔵とマサイの二極化問題について考えるシンポジウム」

(2019 1117)



*[アニメ]Re:ステージ!PRISM☆LIVE!3rd STAGE~Reflection~
大宮ソニックシティ大ホール)

昼の部だけ参加しました。


大宮ソニックシティ大ホールは、
私にとって初のオタライブイベントである、
センチメンタルグラフティサマーコンサート以来です。


キャパ2500の会場がほぼ満席という、
直前までの状況からは到底考えられない大盛況は、
会場外にあふれる人々を一瞥するだけで体感出来ました。

リステージで、こんなに多くの人が集まった所を見ると、
歴の浅い私でも、感慨深いものが沸いてきました。
アニメの内容が、歴代アイドルアニメで最高の出来だったことも
一因でしょう。


もっとも、その影響か、私は今回1階32列という、
かなり後方の座席になってしまった。
そこから見た限りでは、席は全て埋まっていました。



目立った曲をいくつか。



「境界線」

予想通りというか、オープニングのドンスマはあまり盛り上がらず、
序盤もっとも盛り上がり会場を暖めたのは「境界線」でした。
動画で予習しているのか、Aメロのハンドクラップも
皆完璧にこなしているのは驚きです。
今日はほぼ完全に振れましたが、
でもまだこの曲は私にとって少し重いです。



「せーので跳べって言ってんの!」

これもある程度予想出来ましたが、
予測以上に凄まじい会場の沸き方盛り上がりで、
昼の部は、ほぼ岩橋さんの独り勝ちだったと思います。
その後出てきたテトラルキアとステラマリスが、
観客にジャンブを要求するほどでした。
(※会場は、2階席最前列だけジャンプ禁止になっている)

基本ワンコーラスのソロ曲の中で、
「みい」と「香澄」だけフルコーラスにした運営の采配も見事です。



「ハッピータイフーン」

大歓声が沸いて一瞬イントロが聞こえなかった。
タオルは不使用でしたが、コールが多く、大いに盛り上がった。
この曲は、Bメロからサビにかけてのベーストラックが貧弱で、
リスニング用としてはいまひとつですが、
ライブではドラムがしっかりしていれば、気になりません。
ライブ用としては、スタジアム級の曲に仕上がるかもしれない。
一万人ぐらいでタオルを振ったら楽しそうに思える、
可能性を感じさせるステージだった。
欲を言えば、ゴンゾー氏のゲスト出演があれば、もっと良かった。



「Purple Rays」

リステップでは恐らく最も多くプレイされているであろうこの曲は、
ヒゲドライバー氏の最高傑作であり、ひたすら圧しまくるエレクトロ。
ピークは最初のサビ後の間奏のドライブ感。
リスニングとライブの両方に高い次元で向いている、
リステではほぼ唯一の曲です。
単調なようでサビでは合いの手も多いので、非常に盛り上がりました。
今のオルタンシアで聴けるのは最後でした。



「憧れFutureSign」

1部ラストのこの曲は、あまり出来が良いとは思いませんが、
この曲の「ショボン氏のドラミング」は最高でした。
全員で歌っていたようですが、私はずっとドラムを見ていました。

他でも、テトラルキアのリーダーでもある
クラシック出身でストリングスに強い
伊藤翼氏の弱点であるリズムパートを、
爆音ジャズのショボン氏がフォローされている部分は、
結構あるのではないかと思います。






その他。



トロワアンジュは、完全に休憩要員になっていました。
トロワは前列で振りコピをする人以外は、
地蔵で良いのだろうと思います。

また、一部の人が主張するほど、
ステラマリスは、現場では盛り上がっていません。
私は、ステラも休憩タイムにしました。

古臭かったりトロかったりと純粋に出来の悪い曲が多く、
俊龍氏の曲もアレンジに助けられているだけ。
王者という設定は正直無理があるのでは。
自分の中では器用貧乏な最下位ユニットです。
(もちろん原因は、素晴らしい声優陣ではなく企画者にあります)。

他のユニットでも、特に最近作られた曲は、
「締め切りが厳しかったのかな……」と邪推するほどの出来です。
BPMの適切な設定の為には、編曲家も片貝監督のように、
オタの中に入って、自分で
ペンライトを振って体で覚えるべきです。




KiRaReの曲は、概ね出来は良いものの、
イベントでの爆発力はいまひとつ。
が、これは可愛らしさとトレードオフなので、あまり問題ない。
KiRaReというユニットの最大の武器はフォーメーションにあるので、
もう少し奥行きのあるステージで、やや上から俯瞰するように眺めるのが、
魅力を最大限に引き出せる鑑賞法だと個人的には思っています。

 




f:id:mahotan:20191120194739j:plain
どうでもいい話ですが、ホタルビの社長の名前が、
大田邦良に似ていると思った。

最初から細々と継続しているリステッブは、
Re:ステージ全体の良い雰囲気に、相当大きな貢献をしています。
リステップ無くしてリステージプロジェクトは有り得ない。

 

 

 

 

f:id:mahotan:20191120195944j:plain

Re:ステージ! 1st TOUR -INTERSECT-
フルグラフィックTシャツ(オルタンシア)


この絵柄を選んだことは、全く他意の無い話で、
INTERSECTは最初からReNYの昼だけ行く予定で、
それもKiRaReにするつもりでしたが、会場で急に気が変わりました。

KiRaReは6キャラ描かれているので、1キャラ当たりの面積が少ない。
だが、オルタンシアは2人組とメンバー数が少ないので、
その分キャラが大きく描かれていて、見栄えが良い。

この製品も多分化学繊維で、水洗い程度なら殆ど色落ちしないので、
観賞用にも良く、長期使用にも耐えられそうです。

その分、通気が悪いというデメリットはありますが、
確実に値段以上の価値があると言えます。
(きゃにめのサイトで絶賛発売中)


また、当日販売のショルダーポーチには、ひとつ欠点があって、
それは「フルサイズのペンライトを立てて入れることが出来ない」。
収納には、持ち手と筒を分解する必要があります。

(2019 1109)



*[政策・思想]天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典


チケットを頂くことが出来たので、参加しました。


午後3時頃は暖かく、給水場に大行列が出来ていましたが、
日が沈むと急に寒くなり、トイレの列に変わりました。
あたりが暗くなると、皇居の森が、あたかも山の稜線のように見えました。


2万人分の座席は、先頭の一部がVIP席になっていましたが、
その位置でも両陛下は豆粒のようにしか見えなかったそうです。

当然、私のいた一般席では、モニターを通して見る事しか出来ませんでしたが、
提灯を掲げ旗を振るライブ感は、現地ならではのものでした。


出演者は、NHKへの貢献度が高い人が多めのように感じられました。
菅野氏の曲は何かのパクリっぽくて、いまひとつな感じでしたが、
全体としては良いイベントだったと思います。

f:id:mahotan:20191120194136j:plain

 

(2019 1104)

 


*[アニメ]『あさがおと加瀬さん。』無料上映会

https://twitter.com/asagao_anime/status/1191178628853198848

東京国際フォーラム ホールA)


この会場は、多分20年前のソニックアドベンチャー発表会以来です。
再開発されたのか、周囲や地下通路も広々として別世界のようでした。


会場には、たぶん500人ぐらいのポニーキャニオンファンが集結しました。
もちろん、会場のキャパには遠く及びません。
何らかの訳ありガラと言えましょう。



とにかく音響が素晴らしい。
5000人用のPAシステムを500人に向けて鳴らすという機会は、多分もう無いでしょう。
映画館を超える、臨場感溢れる最高の箱でした。


内容は、
桜Trickをリアル寄りにして、京アニ風のBGVにしたような印象。
加瀬さんの声は、昴そのもののように聞こえました。

良い作品ではあるのですが、
商業的には難しそうです。


トークショーでは、
高橋未奈美さんの本作への思いの強さも伺えました
パイナップルの花言葉は、碧音には相応しいように思われました。






*[アニメ]『RELEASE THE SPYCE secret fragrance』が『ゆるゆり』とコラボ

https://twitter.com/rts_sf/status/1189529882801238017

だいぶ涼しい季節になって参りました。
何故か、あまり反応が無いような……

むしろ、「まだやってなかったのか」という印象。
これを機にアプリを始めてみるか(棒)

櫻子「おっぱい削げ」

最近は、胸の大きな女性を攻撃する女性が、リアルで存在するらしい。



(2019 1031)



*[アニメ]『大室家』3巻発売


美穂のキャラデザが素晴らしい。
ビジュアルに限定すれば、なもりキャラの中で最高だと思います。
こういう正統派のかわいい女子高生は、万人に受けるでしょう。
最近はコマ割りにメリハリがついて、アップの顔が綺麗に描かれています。



内容は、キャラクターが増え過ぎて、
役割が被るキャラが増えたように思いました。



大室家がいまひとつパッとしない原因は、
愛嬌のある笑顔多めのキャラクターの登場比率が少ない為、
作品全体の雰囲気が薄暗くなっていることにあります。

櫻子の登場比率を高めることで、ある程度緩和されていますが、
限界があります。


デフォルメ系の『ゆるゆり』と、リアル系の『ゆりゆり』に挟まれて、
中途半端な感が否めません。

(2019 1024)



*[PC]リプレイス――使用ケースはSilencio S400(Cooler Master

https://kakaku.com/item/K0001188249/
https://www.ask-corp.jp/products/cooler-master/minitower-pccase/silencio-s400.html



難しい時期に強行。色々あって2年以上先送りになっていた
7年半振りの自作には、ほぼ一か月かかりました。

まだ発売したばかりで、検索しても参考になる記事が出てこないので、
ケースの使用感をいくつか。



●マニュアルが貧弱で、ケース側の配線が分かりにくい。
上部にSDスロットが付いている。高性能のカメラを頻繁に使う人向けか。



〇作りは堅牢で、設計精度も良い。

●外観は想像以上に地味なので、側板がガラスのモデルの方が良い。


〇リアのケースファンを取り外し、フロント下部に装着すると、
正圧仕様のケースに近くなる。

〇非常に静かでエアフローも抜群、メンテナンスも楽。
特にダストフィルターは理想的。

マザーボードトレイが取り外せない。
M2とCPUクーラーとメモリの装着は、ケースに入れる前に終えなければならない。

●電源カバーも外せない。
あまり作業の妨げにはならないが、見栄えと引き換えに窮屈になった印象はある。

●電源用の底部のフィルターを見るのは面倒。
やはり、電源は上部に着けた方が良いのではないか。



※下部の3.5インチベイ

●最上部の、ネジで取り付ける場所は使えない。電源ケーブルを逃がすスペースになる。
ここにHDDを取り付けると、HDD上部のシールが電源カバーとぶつかって剥がれる。

○HDDは中と下にレールで2台、頭から入れる。、端子が手前に来るので、取り回しが楽。
SATAケーブルは30cmのストレートで間に合うと思う。

○電源は160mmも入りそうだが、スペースに余裕は少ない。
出来るだけ奥行きが短い物を使いたい。



※上部の5インチベイ

○私は、5インチベイの直下に、SSDを装着している。
Ainex HDM-34等の、垂直に着けられるマウンタを使えば可能。
ここに3.5インチHDDを装着することも可能だが、重いので若干不安な気もする。

●但し直下への装着は面倒で、フロントパネルを「ひっこ抜いて」外してから、
本体から5インチベイを外し、ドライブを装着してから戻す。

SATAケーブルは30cmで間に合うと思うが、
電源ケーブルの取り回しは面倒なので、
4ピン-SATA電源分岐ケーブル(15cm)を使った。


この他に、M2スロットにシステム用SSDを1台載せたので、
ドライブは合計5台、1TBSSD*2とHDD8T+4TとBD、という構成。



上位モデルのS600のレビュー
http://www.gdm.or.jp/review/2019/1025/323337


>なおシャーシの固定はリベットを使い、取り外しは想定されていない。
取り外せない電源カバーやマザーボードトレイは、堅牢さを優先した選択かもしれない。

(2019 1022)



*[アニメ]『すきおこ』放送1周年記念公開収録イベント

>きゃにめプライムpresents『木村昴木戸衣吹 えっ、好き勝手やっても怒られないんですか!?』
>放送1周年記念公開収録イベント

会場の「ポニーキャニオン本社 3Fイベントスペース」に行くのは、早くも3回目となりした。
観客は100人以上で、立ち見も多かった。
それなりに長い私のイベント歴で最前列に座ったのは、今回が初めてでした。

出演者の方々は、カボチャと魔女といったハロウィンの衣装で登場。
木戸さんの作画は、今回が一番だったように思います。
また、木村氏による、ドラ〇もんのホモネタが好きな人なら刺さりそうな台詞も聞けました。

某声優の名前が出た前回よりは、マイルドな内容でした。